Toyo Bijutsu Printing

  • TEL 03-3265-9861
 

DIGITAL

ホームページ制作


業務と目的に応じて最適なホームページを提案し運用までをサポート

Products ― 強みと実績 ―

目的・用途に応じた最適なプランをご提案します。


Creative ― 制作のポイント ―

多メディアにまたがる制作が得意です。


<ホームページ 制作フロー>

ホームページを制作する基本的な流れです。会社案内やパンフレットなどの印刷物も同時に制作進行する場合は、印刷物のデザインが固まってきた段階で、制作した素材をホームページデザインに展開する、という進め方が主流です。


各制作フローについて

①課題解決のための「ヒアリング」

ホームページは課題を解決するための道具(ツール)の1つに過ぎません。
まずはお客様が抱える課題や悩みをお聞きし、それに応じた最適な解決手段をご提案します。
ホームページと絡めた動画や3DCGの制作、電子ブックなど、各種デジタルコンテンツの制作や、パンフレット、カタログ、DMなどの紙媒体の展開も絡めたご提案も可能です。

②「目的」に応じたサイトの「企画・設計」

ホームページの「見せ方」は、「役割」や「目的」によってさまざまです。
ヒアリング後、お客様と課題を共有しながら、ホームページの「役割」と「目的」に応じたサイトの企画・設計を行います。
会社の顔となる「コーポレートサイト」や、ターゲットユーザーが絞り込まれる「新卒採用マイクロサイト」や特定の商品情報に特化した「ランディングページ」など、種類によって流入経路もサイト構造も異なります。設計の段階で、ホームページが達成すべきゴール(コンバージョン)を明確に設定し、お客様に最適なサイト構成をご提案します。

③「PC」でも「スマホ」でも見やすく。マルチデバイスに対応する「レスポンシブWEBデザイン」

近年、サイト閲覧者のデバイス(端末)によって「PCサイト」と「スマホサイト」のレイアウトを自動で切り替える「レスポンシブWEBデザイン」でのサイト構築が多くなっています。
PCサイトとスマホサイトでレイアウトは変わりますが、HTML自体は1つの共通ファイルを使うので、更新は1回だけでOKです。スマートフォンユーザーを意識したレイアウト設計で、端末や閲覧環境に左右されないサイトデザインをご提案します。

④定期的な「アクセス解析」と、効果的な「運用」でホームページを常にブラッシュアップ

ホームページは完成して終わりではありません。
定期的にアクセス解析を行い、ホームページが期待通りに機能しているか、想定した検索キーワードで流入しているか、サイト内を回遊する動線ができているかなど、定期的に検証していくことが大切です。
この検証を繰り返すことによって、離脱率が高いページの見直しや、ユーザーが求めている情報を見つけ出し新コンテンツとして追加するなど、常に改善していくことが可能になります。ユーザーにとっても使いやすいホームページになるだけでなく、検索エンジンの評価も高まります。

Solution ― 課題解決と成果 ―

たとえば、こんな期待される成果


関連サービス ― このページを見た人はこんなページも見ています ―

ホームページと組み合わせることで相乗効果をねらう、各種メニュー


03-3265-9861

9:00~18:00(平日)