高精細印刷

実物の美しさを再現する、階調表現に優れた印刷技術。

金属、木目、布、美術品など、本物だけが持つ美しさを印刷でも再現したいという期待に応えます。

印刷にはスクリーン線数という単位があり、175線が通常と言われています。
「高精細印刷」とは、280線以上のスクリーン線数により印刷する手法。
繊細で滑らかな諧調表現や、色密度が濃くメリハリのある表現を得意とし、実物が持つ色合いの美しさを印刷で表現することが可能となります。
ただし、繊細な表現は同時にコントロールも難しくなり、再現性を高めるには高度な技術と見識が必要とされます。
東洋美術印刷ではプリンティングディレクターが目的、そして絵柄に応じて線数と網(スクリーン)を使い分け、実物の持つ魅力を最大限に引き出す「高精細印刷」をお届けしています。

Issue

絵画作品集を再現性にこだわって作りたい

はじめて写真集を作るが、実物に近い色で、細部まで見える再現性の高い作品集にしたい。

生地のディテールまで再現したい

生地の質感や縫製のこだわりが、印刷を通しても伝わるようにしたい。

文字や絵柄を縮小しても見えるようにしたい

縮小した写真の視認性、極小の文字やロゴの可読性を高めたい。

楽器の質感を感じ取れるパンフレットを作りたい

金管楽器の表面の光沢、ヴァイオリンの弦や木目の美しさなど、楽器の質感が伝わるパンフレットを作りたい。

AMスクリーン高精細

規則的な網点により表現する印刷方式です。 メリハリの利いた表現に優れており、再現性においても安定した品質を提供できます。 東洋美術印刷では標準印刷で200線を用い、280線以上を高精細印刷としています。

FMスクリーン高精細

不規則なランダムドットにより表現する印刷方式です。 滑らかな諧調が特徴で、細部にわたって高い印刷表現を実現します。 線数の低いAMスクリーン印刷で発生する「モアレ」などの不具合が発生しないのも特徴です。 しかしながら「ランダム」な表現ゆえに、同じ絵柄を複数回印刷する場合の再現性が難しい印刷方式です。

フェアドット高精細

AM/FMのハイブリッドスクリーニングによる印刷方式で、AMスクリーンの持つ安定性と、FMスクリーンの持つ滑らかな諧調表現とを合わせ持つ印刷方式です。 東洋美術印刷ではフェアドット高精細により最大650線相当の印刷表現を可能としています。

Case Study

商品の質感、ディテールで魅せる商品カタログの印刷

繊維の質感や細部のディテールがカタログ誌面上で表現できていないことを感じていたお客様に高精細印刷への切り替えをご提案し、当社に切り替えていただきました。商品の魅力を存分に引き出すためにフェアドット高精細をお勧めして採用。商品本来の風合いが表現できていると評価をいただきました。

 アパレル会社様

ご相談窓口

サービスに関するお問合せはこちらへ

TEL:03 3265 9861(受付時間: 10:00 17:00 土・日・祝日を除く)