SNS運用にご活用ください「100人に聞いたSNS意識調査」

プロモーション

スマホ比率は9割超え

2021年1月の調査では、日本国内でスマートフォン・携帯電話の所有者のうち、スマホの比率は9割を超えました。ここ数年で一気にスマホの普及率は増え、幅広い年代でSNSが使われるようになりました。企業にとっても、SNSのブランディング・広告効果は決して看過できない大きな市場規模となっています

今回はそんなSNSについて、男性29名・女性71名、20代〜60代100人の方にアンケートを取った内容をご紹介します。
回答者のボリュームゾーンは30代・40代となっています。

LINE、Youtubeの利用者は8割越え

LINEは83名、Youtubeは80名の方が「利用している」と回答しました。

LINEの普及率には納得感がありますが、個人的にはYoutubeの利用率がこんなに高いとは思いませんでした。動画での訴求の大切さがわかりますね。

購買活動の参考にしているSNSはInstagram

しかし「購買活動の参考にしているSNSは?」という質問になると、38名がInstagramを一番参考にしているという結果となりました。

Instagramは写真や動画を有効に使ったブランディング、マーケティングが出来て、なおかつ購入導線も作りやすいため購買活動につなげやすいSNSと言えます。

企業アカウントをフォローしている人は半数以上

「SNSで企業アカウントをフォローしたり見たりしていますか?」という質問には、半数以上の人がフォローしていると回答しました。

その中で好きな企業アカウントを伺ったところ、多くの方から回答があったものを紹介します!

① スターバックスコーヒー

スターバックスコーヒージャパンのInstagram公式アカウントは、なんといってもインスタ映えする写真が特徴。新作のフラペチーノが出るたびに、素敵な写真が投稿されます。

こうした写真によって、「自分もスタバの商品の写真を撮ってSNSに投稿したい!」という欲求を刺激してくるアカウントになっています。

② 任天堂

任天堂のInstagramアカウントは、ゲームのキャラクターたちが映っている楽しい写真が人気です。

また季節やイベントに合わせた投稿内容も多く、イベントのモチーフとキャラクターの組み合わせは見ている人を飽きさせません。

③ ローソン

ローソンはとても企業アカウントの運用に力を入れており、利用している媒体はTwitterをはじめ、なんと20個以上にものぼるのだそうです。皆さんも一度はローソンクルー「あきこちゃん」の投稿を見たことがあるのではないでしょうか。

ローソンの企業アカウントは特にLINEが人気です。送られてくるのはクーポンを付けたお得な情報がメインで、「ブロックされない」ことを意識しているそうです。

まとめ

自社に合った媒体と戦略が企業アカウント運用には必須!

人気のSNS企業アカウントを3つ紹介しました。
どのアカウントも、自社の商品が魅力的に映る媒体選択と戦略が見事ですよね♪

SNSの運用で重要になってくるのは、ターゲットとなるペルソナを作成すること。
SNSの運用が、ペルソナとのタッチポイントの1つとなるようにPDCAをまわすことが重要ですね。

ようちゃん
ようちゃん

コミュニケーションを可視化するカスタマージャーニーマップの制作をしたい方はこちらもご覧ください!

関連サービス

東洋美術印刷:マーケティング・ソリューション

タイトルとURLをコピーしました