BtoBマーケティングで必須!導入事例を自社サイトへ掲載するメリット

プロモーション

「導入事例でコンテンツマーケティング!」

コロナ禍を経て、WEBによるマーケティング活動の重要度は一段と増していると感じる人は多いと思います。思い切って、古くなっていた自社サイトをリニューアルしたという企業様もいらっしゃるかと思います。

しかし、自社サイトをリニューアルしたからといって見てくれる人が増えるとは限りません。重要なのは、サイト上に顧客が有益だと思うフレッシュな情報を継続的に掲載していくことです。

ご存知の方も多いと思いますが、読者にとって価値のあるコンテンツ制作・発信を通して、見込み客のニーズを育成させ購買へと繋げ、最終的にはファンとして定着させることをめざす一連のマーケティング手法を「コンテンツマーケティング」と言います。

BtoBにおけるコンテンツマーケティングの一つとして、導入事例記事の配信が挙げられます。

これは、自社の製品・サービスを導入いただいたお客様の声を取材したりして記事として発信することで、見込み客がサービス導入のイメージを持ち、導入検討をしやすくしたり、見込み客がまだ知らない自社の強みを認知してもらうというものです。WEBの記事をリーフレットにすれば訪問営業ツールとしても活用できます。

今回は導入事例記事を自社サイトへ掲載するメリットをお伝えします。

導入事例を自社サイトへ掲載するメリット

事例記事を自社サイトへ掲載するメリットは下記のような点が挙げられます。

  • サービス導入のイメージを持ち、導入検討をしやすくする
  • 見込み客がまだ知らない自社の強みを認知してもらう
  • 新規見込み客の情報取得ツールになる
  • 営業用のツールとして活用できる
  • 自社従業員のモチベーションが向上する

などが挙げられます。順に見ていきましょう。

①「サービス導入のイメージを持ち、導入検討しやすくする」

導入事例では、自社のサービス内容について、導入に至る背景や他社との差別化ポイントカスタマイズした点などを具体的にアピールすることができます。

同じような課題を抱えた他社が導入に至った経緯を知ることで、検討の必要性を感じるようになります。また、どのような手順を踏んで導入すればよいか、不安を払しょくさせる材料となります。

②「見込み客がまだ知らない自社の強みを認知してもらう」

導入していただいたお客様の実際の声を盛り込むことで説得力が増します

サービス提供者が自社の強みを訴求するより、サービスの利用者の声で、いかにサービスが有用で、いかに素晴らしい会社なのか、訴求してもらった方が、強みを持った会社なのだと認識されやすくなります。

③「新規見込み客の情報取得ツールになる」

ダウンロード資料として導入事例を用意し、フォーム入力を挟むようにすれば、新規の見込み客として情報を入手することができます

MAツールを導入している企業であれば、記事を閲覧した人の情報を取得することができ、そのセグメントに沿ったマーケティングシナリオに活かすことが出来ます。

④「営業用のツールとして活用できる」

WEBでの集客用に作成した導入事例は、営業が商談に進んだ際の営業用ツールとしても活用することが出来ます。

サービスの導入検討に至ったお客様が、稟議に上げる際の資料としても使われ、商談を成立させるための後押しをするツールとなります。

⑤「自社従業員のモチベーションが向上する」

お客様の喜びの声を認識することは、自社で働く社員にとっても嬉しいことではないでしょうか。

採用活動での自社アピールとしても有益です。

まとめ

「東洋美術印刷がお手伝いいたします」

事例記事の作成には以上のようなメリットがありますが、実際に運営するにはどうしたら良いかわからないし、人手が足りない…。

そんな時は、ぜひ東洋美術印刷までご相談ください

取材・撮影~ライティング、WEBコーディング、要約版リーフレット作成など、トータルでのサポートが可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

次回の記事配信もお楽しみに!それではまた。

関連サービス

東洋美術印刷:マーケティング・ソリューション

タイトルとURLをコピーしました